2017 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 01

受賞により注目が集まるホワイトシフト

※成分の話などあってちょっと長い記事です。
要約すると、ホワイトシフトは大学との共同開発によりオートファジーに逸早く注目して
作られたもので、それ以外もすごいですよっていう記事です。




大隈良典教授が【オートファジー】の研究により
ノーベル医学・生理学賞を受賞されました。
それにともなって、大隈教授の研究の研究である【オートファジー】という言葉も
日本中で話題になり、メディアで数多く話題になっています。

そんな中、医学の世界だけでなく、美容の世界でも一気に注目を
浴びることになったのが、今年2月にフルリニューアルしたCPコスメの美白ライン【ホワイトシフト】。

d4775-106-603154-1 (1)

ホワイトシフトはオートファジーによる【分解】とターンオーバーの活性化による【排出】、
ビタミンCによる【還元】の3つのアプローチで細胞の力を引き出していく薬用の美白化粧品。
表皮層のオートファジーを高めて、過剰なメラニンのの分解を促して、細胞レベルでシミの原因であるメラニン
を減らしていくことができます。

オートファジーに作用する成分として
マロウとキンギンカいう植物エキスを配合されています。

c00583.jpg

↑マロウはヨーロッパ原産の多年草。マロウエキスは、ハーブそのものに粘性があって
非常に高い保湿力があります。 消炎作用にすぐれ、乾燥肌、アトピーなどの改善に効果が期待できるうえに、
細胞を活性酸素から守る働きがあります。 エキスに高含有されている、「赤ポリフェノール」は、強い抗酸化作用で
肌細胞へのダメージを抑制し、さらに新しいコラーゲンを生み出す肌環境に整えます。
保湿、皮膚柔軟、抗炎症、代謝促進作用があるといわれています。

suzukatura0001.jpg
↑キンギンカエキスはキンギンカの花、葉、茎から抽出したエキスです。
ルテオリンというフラボノイド、タンニン、イノシトール、サポニンなどを含んでいます。
キンギンカエキスは、皮膚をひきしめる収斂作用、キメを整える作用、抗菌作用があるとされていて、
有効成分の中には、血管を拡張し、血液の流れを良くするクロロゲン酸が含まれています。

これからオートファジーの注目によって
メディアへの登場機会がまた増えるのかなと思います。

また来月登場する新トータルワークスですが、
こちらも成分特許を取得したすごい商品になっています‼!

ホワイトシフト、使われたことがない方は是非。

↓こちらでも記載されています

http://www.jiji.com/jc/article?k=000000158.000004775&g=prt

http://www.skincare-univ.com/daily/prrelease/005316/

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000106.000004775.html



CPコスメ、熱い☺

[ 2016/10/05 ] DIARY | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cpsalon-complex.jp/tb.php/377-9f9fb475